デジタル2色印刷機「リソグラフ MDシリーズ」
ようこそOA機器販売の「松機」のホームページへ。
サ プ ラ イ
職場意識改善計画
事務用品の
ご注文はコチラ


スマートオフィスについてはコチラ


職場意識改善計画

1.実施体制の整備のための措置

取組事項

具体的な取組内容

@労働時間等設定改善委員会の設置等労使の話し合いの機会の整備

(1年度目)
本事業の実施を契機として、労使間の話し合いの機会を半期ごとに設ける。

(2年度目)
労使間の話し合いを四半期ごとに年4回開催する。
所定外労働時間の削減、年次有給休暇の取得しやすい環境整備、業務の効率化等の様々な議題を扱うこととし、働きやすい職場環境づくりと労働時間等の改善に努める。

A労働時間等に関する個々の苦情、意見及び要望を受け付けるための担当者の選任

(1年度目)
職場意識を改善するため、労働者各人からの労働時間等の個別の苦情、意見及び要望を受け付けるための担当者を選任し、改善取り組みを進めるための受付体制を整備する。
また、労働者に対しても受付体制や担当者について周知を図る。

(2年度目)
労働者からの苦情、意見、要望を受け付ける担当者の労働者への周知を図るとともに、受付窓口を設置するなど受け付けやすい体制の整備を図る。
また、これら苦情等を踏まえ、設定改善を進めるための責任者を配置し、労働者に周知を図る。

2.職場意識改善のための措置

取組事項

具体的な取組内容

@労働者に対する職場意識改善計画の周知

(1年度目)
労働者に対して、職場意識改善計画の周知を図るため、事務所の見やすい場所への掲示、朝礼時における連絡を行い、周知を図る。

(2年度目)
労働者への周知として、職場意識改善計画のポイントや取り組み事例をまとめた書類を作成し、労働者全員に回覧する事により、一層の周知を図るとともに、自社のホームページに職場意識改善計画の概要を掲載し公表することにより、当該取組について内外へも広く周知を図る。

A職場意識改善のための研修の実施

(1年度目)
職場意識改善の必要性について、主に管理職に対して周知を図るため、職場意識改善のための研修会を計画・開催する。

(2年度目)
前年度の研修結果を踏まえ、外部講師を招き研修会を最低1回開催することにより、管理職等に対する意識改革を図る。

3.労働時間等の設定の改善のための措置

取組事項

具体的な取組内容

@年次有給休暇の取得促進のための措置

(1年度目)
年次有給休暇の取得を促進するため、年次有給休暇の計画的付与制度の導入を実施する。計画的付与制度の導入に必要となる就業規則への規定や労使協定の締結など所要の調整を行う。

(2年度目)
計画的付与制度の職場への周知を図るとともに、個人別の取得計画表の実施把握を徹底し、取得が進んでいない労働者に対して注意喚起を行うなど、取得促進の徹底を図る。

A所定外労働削減のための措置

(1年度目)
所定外労働を削減する具体的な取組としてノー残業デーを導入し、毎月1日は残業をしない日を設定し、事務所内への掲示等より、周知、徹底することにより所定外労働の削減を図る。

(2年度目)
所定外労働を前提とした業務処理体制からこれを前提としない業務体制へと改善する。計画的に効率よくメリハリをつけて仕事を進める。安易に残業しない・させないという管理者も含め意識改革に向けた取組を促進する。

C労働時間等設定改善指針の2の(2)に定められた、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇の付与等の措置

(1年度目)
 健康の保持に努める必要のある者、子育て・介護等を行う者、自発的な職業能力の開発を図る者など、多様な社員意識・要望を調査し、これらの者に配慮した柔軟な働き方のできる方策を検討する。

(2年度目)
1年目の取組成果に基づき、就業規則や休暇制度などの具体的な制度改革と業務の改善を行うとともに継続的な見直しを図る。

4.制度面の改善のための措置

取組事項

具体的な取組内容

@労働者に対する職場意識改善計画の周知

(1年度目)
労使間で協議の上、「制度面の改善」として、労働時間等設定改善委員会等における年次有給休暇の取得状況の確認制度、年間5日以上の年次有給休暇の計画的付与制度を導入する。

Copyright matsuki.ltd., All Rights Reserved.